FC2ブログ

プロフィール

うどんべえ

Author:うどんべえ
性別:♀
血液型:A型
既婚、子育て中です
活動概要をご覧下さい

お知らせ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンクバナー

当HPはリンクフリーです。
ぜひご紹介ください。
リンクしていただきましたらご連絡ください。
事後報告で結構です。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2広告

FC2ブログランキング

「殺処分ゼロ犬シェルター」裏の顔、動物虐待の実態明かす

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181207-00000007-pseven-soci&p=1


ゲージの中をフサフサの毛並みで元気よく動き回る犬たち。そのかわいらしい鳴き声に、訪れた子供たちはつられて笑顔になる。その様子を見ていたタレントのぺこ(23才)とりゅうちぇる(23才)は飛び上がって喜んだ──。

これは、2017年4月に放送された、人気のバラエティー番組『天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)の名物企画「捨て犬ゼロ部」。保護犬たちが里親を探す譲渡会の様子だ。ふたりが訪れたのは、広島県の神石高原町にあるNPO法人「ピースウィンズ・ジャパン」が運営する “殺処分ゼロ”プロジェクト「ピースワンコ・ジャパン」の本拠地。清潔な施設の中で、保護された犬たちは元気いっぱいに走り回っている…はずだった。

「テレビに映ったのは施設のほんの一部だけ。ピースワンコ・ジャパンは大きく広島県内で4つのシェルターに分かれており、前出の施設は誰もが見学できるうえ、里親が見つかりそうなフレンドリーな犬ばかりを集めた、いわば“表の顔”。公開されていない施設では、狂犬病の予防注射すら打たれず、狭い檻の中で悲鳴を上げる保護犬たちがいたんです」

 怒りに震えながら話すのは、昨年6月から今年1月まで、獣医師としてビースワンコ・ジャパン(以下、ピースワンコ)のサポート活動をしていた竹中玲子先生だ。

 竹中先生が指摘する通り、11月20日、広島県警は「ピースウィンズ・ジャパン」と代表らを書類送検した。保護犬25頭に狂犬病の予防注射を受けさせておらず、狂犬病予防法や県の条例違反の疑いがあるという容疑で、代表らはこれを認めている。

 竹中先生は「同団体が抱えている問題はこれだけではない」と続ける。

「私がいた保護施設は劣悪な環境で、多くの命が次々に失われていきました。カメラが回っていないところでは、動物虐待が起きていたのです」

 内部からの声を受け、複数の動物愛護団体が動物愛護管理法違反でピースワンコを告発。その内容は、狂犬病の予防注射の未接種だけでなく、劣悪な飼育環境かつ、職員の絶対数や器具が足りず充分な処置ができていないことなど、あまりにも悲惨なものだった。

なぜ犬たちにとって保護されるべき場所が生き地獄と化したのか。実態を知る竹中先生と、動物愛護活動に長年携わり、今回の告発に名を連ねる杉本彩(50才)が語った。

◆赤ちゃん犬が飢えた犬に食べ散らかされる

竹中:「犬の殺処分ゼロ」を看板に掲げるピースワンコは、毎週のように広島県の保護施設から犬を引き取るから増えていく。6月時点で団体が管理する犬は2300頭。

杉本:国内では類を見ない収容規模ですね。それだけの頭数に対し、面倒を見るスタッフは何名いるのでしょうか?

竹中:4つのうちの1つのシェルターでは当時1400頭いて、スタッフは7~8名だったので、1人のスタッフが約200頭を世話する計算でした。また、常勤の獣医はたった1人。収容数も限界で、約10畳の広さに20頭以上の中型犬が収容されている部屋もありました。

──事実関係をピースワンコに問い合わせると、《事実と異なります。常勤の雇用スタッフ以外に応援スタッフや外注の清掃業者スタッフら複数名が毎日の各犬舎の業務に携わっています。獣医療についても、常勤の雇用獣医師は1名ですが、他に継続的に業務委託している獣医師がいるほか、近隣の複数の動物病院にもご協力いただいています》という。

 対して竹中先生はこう反論する。

「確かに非常勤の獣医師はいましたが、数人であり、充分とはいえない状況でした。また、“近隣の動物病院”といっても歩いて行ける距離にはなく、スタッフが車で動物を連れて行く必要がありました。緊急事態に対応しきれていなかったと思います」

杉本:動物の福祉にまったく配慮していない状況ですね。狭い部屋に押し込められれば、精神状態が不安定になる。さらに動物を保護して里親を探し、責任を持って譲渡するのは、本来はとても手間がかかる。1頭でも大変なのに、2000頭以上の犬をどう譲渡していくのでしょうか。

竹中:譲渡はかなり厳しい状況にあります。そもそも収容されている犬の多くは元は野犬。中には、噛み癖がある子もいて、人に慣れさせて里子に出すには難しい犬がほとんどです。エサは部屋ごとにまとめて与えていて、弱い犬はエサにありつけず衰弱してゆく。スタッフが部屋に入ると、集団リンチが頻繁に行われ、弱い犬が噛み殺されている。

杉本:ある意味、殺処分されるよりも苦しい状況になってしまっていますね。

竹中:まさにそう。避妊去勢手術がほとんど行われないままオスとメスが同居しているから、スタッフが知らないうちに赤ちゃんが生まれていることすらある。そのうえ、小さくて弱く、血のにおいのする赤ちゃんは飢えた他の犬に食べ散らかされてしまう。肉片を片付けるスタッフの多くが、PTSD(心的外傷)を発症していました。

杉本:それは…。先生もつらかったでしょう…。

竹中:獣医としてこれまで動物の死に立ち会いましたが、本来死ななくてもよかった犬を見ているとショックで…。記録を残すために死体を調べるのですが、噛まれたことによる外因性ショック死や失血死した犬ばかり。暗い気持ちに襲われました。

──集団リンチに関する事実関係をピースワンコに取材すると以下の返答があった。

《早朝など人の目が届かないときに、野犬どうしがけんかをしたり、弱い犬がいじめられたりして、残念なことに死に至るケースもありました。(中略)しかし、それは、殺処分を防ぐためにすべての犬を引き取ってきた結果、やむを得ず生じている状況です》

 しかし竹中先生は、「同居している犬からの攻撃によって体に穴が開いて亡くなる状態は、動物にとって殺処分されるよりも幸せだといえるのだろうか」と疑問を投げかける。

...read more
スポンサーサイト

2018-12-07(Fri) 18:17| ニュース記事より| トラックバック 0| コメント 0

鹿児島市「猫カフェ」 17匹放置 動物愛護法違反か

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6245127

支援を呼びかけるNPOがあります。

特定非営利活動法人犬猫と共生できる社会をめざす会鹿児島

猫カフェ「猫之坊」の経営者が猫たちを置き去りにしたまま、夜逃げ同然でいなくなり現在も行方がつかめていません。ここ1年ほどは営業もしていなかったようです。
約1ヶ月ほど前くらいまでは住んでいた形跡があったようです。
店舗内は汚物とゴミにあふれ異臭が漂い、ノミが大量発生していました。
その中で、子猫3匹と成猫1匹がすでに亡くなっていました。
生き延びていた13匹は痩せてノミアレルギーで毛が抜け落ちている猫もいます。
写真は、大量の汚物とゴミを撤去したあとです。
隠れる場所もなくなった猫たちは高い所や隅に固まり、警戒し不安におびえた表情でした。(トイレの上でじっと丸まっている茶キジ長毛の猫は、ノミアレルギーで毛が抜け落ちています。
2014年当時の美しい長毛の面影はありません。)
当会で近日中に13匹の猫を別の場所にうつし、体調回復後、順次里親探しをしていくことに決定しました。
店舗内で出産しているので不妊手術をしていない猫がいるわけですが、経営者がいない今、どの猫が手術していないかがわかりません。
かわいそうではありますが、わからない猫については開腹せざるえません。
また、生後半年ほどの猫たちは人との接触がほとんどなかったせいか人に慣れていません。
以上のような事から、13匹の猫達の体調回復と人に対する警戒心を払拭するには最低1ヶ月以上はかかると思います。里親探しまでとなると2ヶ月以上かかる可能性も考えられます。つきましては、是非皆様のお力添え(寄付・物品の提供)をお願いたします。
必要物資
・ケージ(できれば2段ケージ)・トイレ砂・ペットシート・フード・ケージ用のマット・タオル・ウエットティッシュ・ティッシュペーパー・ゴミ袋・爪とぎ等
※物資につきましては下記までお願いいたします。
鹿児島市呉服町1-18-9階「猫と人のいやし処 そら猫」
寄付振込先
・鹿児島銀行本店 普通預金 口座番号:2362041
 特定非営利活動法人犬猫と共生できる社会をめざす会鹿児島
・ゆうちょ銀行店番:788 店名:七八八(ナナハチハチ)普通預金 口座番号:0024674
 特定非営利活動法人犬猫と共生できる社会をめざす会鹿児島
寄付をなさる際、お手数ですがお電話又はメールにてご一報ください。
連絡先:携帯090-8760-2092 
メール:info@sora-neko.jp
加えて、猫たちのお世話をしてくださるボランティアさんも募集いたします。
詳細はお電話でお問合せくださいますようお願いいたします。
連絡先:携帯090-8760-2092
「猫之坊」の経営者につきまして、情報をお寄せください。
フェイスブック「にゃんCafé 猫之坊」に経営者の写真も掲載されています。
「愛護動物の遺棄・飼養放棄」これは犯罪です。
こういう悲惨な現実をたくさんの方に知ってもらうためにもシェアご協力お願いいたします。


2017-06-29(Thu) 23:20| ニュース記事より| トラックバック 0| コメント 0

【奈良】「秘技」禁止 壁に追い込み「痛々しい」市民の苦情で


毎日新聞 5月25日

====================================================

全国有数の金魚の産地、奈良県大和郡山市で8月に開かれる
「第15回全国金魚すくい選手権大会」(全国金魚すくい競技連盟など主催)で、
水槽の壁際に金魚を追い込み、ポイ(すくい網)でこすり上げてすくう「壁すくい」が
今年から禁止される。
昨年までは「秘技」として認められていたが、
市民から「金魚が傷ついて痛々しい」と苦情があったという。
3回すると反則で競技停止となる。

競技は3分間で、一人1枚のポイで何匹すくえるかを競う。
ポイが破れてもすくえるが、
同市によると、毎年、ポイのふちで金魚をすくい上げようとする参加者がいる。
金魚が傷つくことがあり、市民からの苦情を受けて、動物愛護の観点から禁止を決めた。

同大会は95年、金魚すくい競技で唯一の全国大会としてスタート。
小中学生、一般、団体(3人1チーム)の3部門ある。
同年の参加希望者は1179人だったが、昨年は5269人に増加。
2350人の出場枠を設けて抽選で決めている。
これまでの最高記録は一般が63匹、小中学生が55匹。
大会事務局は、壁すくい禁止について
「記録にどこまで影響するか分からないが、参加者からは賛同の声が多い」としている。

同市は、大会開催時に禁止を知らせるDVDを流すほか、
ホームページでも注意を促す。
今年の大会は8月23日、大和郡山市矢田山町の市総合公園施設多目的体育館「金魚スクエア」で。
参加無料。7月17日まで参加者を募集している。
問い合わせは大会事務局(0743・53・1151)。

====================================================

『動物愛護の観点から』というところに引っかかりました。

現時点で、愛護法の対象に魚類は含まれていません。
しかし、個人的には法律で『これは良いけど、これはダメ』という分け方をすることが
いいことだと思いません。

「愛護法で決まっているから・・・」ということが根本理由ではないと思います。
愛護法が何のためにあるのかということが大事なのだと思います。

何のためにあるのか?という答えは各個人で違うでしょう。
だからこそ、たくさんの人達がそれぞれよく考え、
その動物のためにどうしてあげられるのかを考えることは
とても重要だと思います。

以前、ここに書きましたが
ゲームセンターのクレーンゲームの景品になっている魚たちにも
同じように感じてくれる人が考え、行動してくれるといいなと思っています。
人間のおもちゃにされてもいい命というものはひとつも無いと思います。


2009-05-26(Tue) 19:29| ニュース記事より| トラックバック 0| コメント 0

犬殺処分ゼロ 熊本市の挑戦 持ち込みの飼い主説得 HP開設し迷い犬紹介 生存率82% 地道な努力成果

ニュース引用元不明・・・
(失念しました・・;)
====================================================

自治体が捕獲したり、飼い主から引き取ったりした犬の8割に当たる約11万匹が
毎年、全国で殺処分されている。
そんな中、熊本市は犬を飼い主に戻すことや新たな飼育者探しを続け、
処分率を全国トップクラスの2割以下に減らしている。
「殺処分をなくそう」を合言葉にする同市の取り組みが注目されている。

悲しげな目をした犬が「ガス室」に送られ、殺される場面がビデオで流れる。
熊本市動物愛護センターで週1回ある譲渡前講習会。
保護された犬を譲り受ける飼い主は、必ず受講しないといけない。
2年半前から始まった。ある日の受講者は女性2人。
ビデオ放映後、獣医師の斉藤由香さん(27)がペットの面倒を一生みる「終生飼養」の大切さを講義する。

「犬を飼うのは簡単ではありません。本当に飼えるのか、考えて決めてください」。
参加した主婦(47)は「子どもを育てるのと一緒なんですね」とうなずく。

かつて熊本市は一週間程度保護して処分していた。
この“流れ作業”に変化が起きたのは2002年。終生飼養をうたう動物愛護法の理念を生かし、
動物愛護推進協議会を発足させ、生存率を上げる取り組みを始めた。
迷い犬を飼い主に戻そうと、保護した犬を紹介するホームページもこの年、開設した。

センターの職員は憎まれ役も辞さない。
娘と一緒に認知症の犬を連れてきた母親に
「家族同然の犬を捨てていいんですか。娘さんはお母さんの背中を見て泣いていますよ」
と翻意を促す。
転勤などで犬が飼えなくなる場合、新たな飼い主を探すよう求める。
それでも、引き取りを求める人には「犬を飼う資格はない」と非難することも。

地道な努力が実を結び、
熊本市の07年度の犬の引き取り数は1998年度の1割の52匹に減った。
飼い主に返還する犬も増え、98年度に12.4%だった生存率が07年度は82.1%に上昇した。

現在は保護する犬が50匹を超えた場合に処分する。
年々、引き取り数が減っているため、保護期間が長くなり、餌代が増えた。
増加分は市民やボランティアの寄付で賄っている。

この試みが注目を集めている。
獣医師の斉藤さんは山口県下関市からの派遣職員。
熊本市の取り組みを知った下関市長が昨年4月から1年間、研修に送り出した。
斉藤さんは「市民を説得する職員に感銘を受けた。
このノウハウを下関でも生かしたい」と語る。

熊本市は4月からセンターの職員が小学校で動物の命の大切さを教える出前授業も始める。
命を軽んじる事件が後を絶たない今だからこそ「殺処分ゼロ」を目指す熊本市の挑戦が、
ほかの自治体にも広がってほしい。

====================================================

熊本県動物愛護管理ホームページ
http://www.kumamoto-doubutuaigo.jp/

もちろん他の自治体でも同じように活動されているところもあると思います。
結果的に数字として変化が少ないというところが多いのでしょう。

人間の情に訴えるというのは
人間独特の感情を刺激するということで
人間だからこそという手法でしょう。

人間の手によって持ち込まれて処分される命が少なくなるよう・・・
センター以外でも地道な活動が実を結ぶよう日々頑張ります。


2009-05-15(Fri) 09:10| ニュース記事より| トラックバック 0| コメント 0

「動物の遺棄・虐待は犯罪です」環境省がポスター

3月6日 毎日新聞記事より

=====================================================

環境庁ポスター

「動物の遺棄・虐待は犯罪です」と
大文字で書かれた異例の啓発ポスター(縦51センチ横36センチ)を
環境省がこのほど作製した。
約9万5000枚を都道府県に配布し、公園などに掲示してもらう。

05年の動物愛護法改正で、
遺棄した場合の罰金を30万円から50万円に引き上げるなど罰則を強化。
殺処分される犬猫の数は減ってきたが、06年度で計約34万匹と依然多いため、
ポスター作製を決めた。

「引っ越しなどで、簡単に飼育をあきらめる人も多い。
家族の一員として最後まで面倒を見て」と同省担当者。
「犯罪」の2文字とポスターの犬猫の悲しげな顔で考え直す人が出てくるかも。

=====================================================

まだまだ世間の認知では
動物の遺棄、虐待が犯罪だということが浸透していない事実があります。

動物遺棄の現場を目撃しても通報しない人もいるようです。

しかし、遺棄するということは
遺棄された動物の生死を左右してしまうことです。
犯罪なのです!!

勇気を持って通報しましょう。

また現場を目撃した方は、
証拠写真を撮るなど警察がすぐに動いてくれるよう対策も必要です。

遺棄する人間は、とてもまともな感覚だとは思えませんので
自分の身も充分に案じて行動を起こしてください。
無理強いは危険です。


動物の遺棄、虐待は犯罪です!

一刻も早く、遺棄する人間に届いて欲しいですね。




2009-03-06(Fri) 22:28| ニュース記事より| トラックバック 0| コメント 0

ご協力お願いします!

環境庁ポスター

里親募集中!

関連リンク

訪問者数

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

検索フォーム

広告