FC2ブログ

プロフィール

うどんべえ

Author:うどんべえ
性別:♀
血液型:A型
既婚、子育て中です
活動概要をご覧下さい

お知らせ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンクバナー

当HPはリンクフリーです。
ぜひご紹介ください。
リンクしていただきましたらご連絡ください。
事後報告で結構です。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2広告

FC2ブログランキング

活動概要

目的・主旨

私がひとつの窓口になり物品の寄付を募ります。
(金銭の寄付は現在検討中です。まずは物品の寄付から始めます)


捨て猫・犬に出会った方で
里親が見つかるまで個人で保護してくださっている方たちがたくさんいます。
自分も猫・犬のために何かしたいが、里親になることはできない。

金銭的な寄付や物品を直接保護されている方へ寄付することで
保護されている猫を間接的ではあるが助けてあげられる。

しかし、寄付をしたいが、
金額もほんの少しだけしか余裕がない・・・
物品も少しだけしか準備ができない・・・
と言う方!

私もそうですが、世の中に結構いると思います。
そこで、私がひとつの窓口になり物品の寄付を募ります。

1人でできることは小さくても
それをたくさんの人で行えば大きな力になります!

たった1袋のフードを欲している猫がいます。
100円の寄付が100人から集まれば10000円です!

ここでの活動は
『一人一人の小さな善意から大きな力を産む』
という主旨で行っていきます。

※もちろん、身近に保護されている方がいる場合は
 たとえ小さなことであれ寄付して援助してあげることをオススメします。



賛同していただける方へ

・みなさんの善意で集まった物品は
 こちらで選別し、保護されている方へ送付します。

・物品を寄付する場合は
 賛同いただいた全てのみなさまに説明ができるよう
 このブログ上で説明をさせていただきます。

・悪徳な団体や個人もいますので信用調査はできる限り行います。
 (調査内容は何度か連絡を取り合い状況を確認することが主です)

・寄付を希望している方をご存知の場合は、
 ご連絡いただければ協力できるよう検討をしますが
 必ずしもその方へ寄付できると約束はできません。
 (事前に信用調査の情報収集をするため)



ルール

・寄付していただけるものは現時点では基本的に物品のみと制限しております。
 (ある程度活動ができてから金銭の募金も対象にすることを検討中)

・基本的には犬・猫用品を取り扱うことにしていますが
 それ以外の動物の用品寄付もご相談ください。

・私へ送付する際の送料は寄付される方がご負担ください。
 

 
発送先
 
 個人情報保護のため以下のようにさせていただきます。
 
 受取人のその他の情報を発送ご希望の方へそれぞれお送りいたします。
 まずはメッセージをください。



発送方法

 下記以外の方法で送付したい方はご相談ください。

 ヤマト運輸・・・営業所止め

 郵便局・・・局留め

   
営業所止めの宛名の書き方など、説明はココをご覧下さい。
http://www.kuronekoyamato.co.jp/mail/mail.html

以上。

スポンサーサイト

2008-06-30(Mon) 21:38| 活動内容| トラックバック 0| コメント 4

意思表明

今回の捨て猫保護から
世の中にはたくさん個人で捨て猫・犬を保護してくださっている方がいることを知りました。

そして、今私も微力ながら何かお手伝いがしたいと思っています。

ただ、
自宅で猫を飼えない・・・
一時預かりや里親になれる状況ではない・・・
などの理由もあるでしょうから
1人だとやれることは限られている

しかし、そう思ってあきらめている方も1人ではなくたくさんいるということです。


そこで、私ができることとして考えたのは

捨て猫・犬を保護されている方へ
フード、治療のためのガーゼ、ゲージ、タオルなどなど・・・
物品を寄付するということです。

医療費や去勢・避妊手術にかかるお金を寄付することが何よりもの助けにはなるでしょう。
寄付されたお金で購入すれば全てまかなえるというのは事実ですが
しかし、信頼のおけない人にお金を寄付することに抵抗がある方もいらっしゃるでしょう。
そう思っている方はまず、物品を寄付する。

不要になった猫のトイレがある・・・
嗜好が違ったようで余っているフードがある・・・
など
わざわざ送るようなものでもないと思っていても
必要だと思っている猫がいます。

そのような活動をしている方へ直接送ることもできますが
大した量でもないし・・・
たったこれだけしかないし・・・
と躊躇するのであれば
私へ送ってください。

『ちりも積もれば山となる』
言葉は悪いかもしれませんが、
小さな善意が集まって大きな助けになると考えて
物品カンパを始めます。

そして
私の元へ集まった物品を
個人で活動されて物品寄付を希望されている方へ送る。
(ある程度情報を事前に交換して信用がおけると判断した方)


現在、思考中ですので近々カンパルートなど検討した上で
改めて募集をかけたいと思っております。

まずは、
活動主旨を理解してくださり賛同される方を見つけることが第一歩だと思い
意思表明をしました。

また、活動について
ご助言、アドバイスなどありましたらぜひ宜しくお願いいたします。


2008-06-30(Mon) 14:18| 活動内容| トラックバック 0| コメント 0

経緯 ~捨て猫保護~

私の知人の日記に捨て猫を保護したとの記述がありました。

どうにもかわいそうに思った知人は一旦自宅で保護しようと連れて帰りました。
ところが、明るい場所で状態を見てみると
まだ手のひらに乗るくらいの小さな体のあちこちに傷があったそうです。

耳にははさみのようなもので切られたような跡
前肢には骨まで見えるような傷

その後知人は怪我を負った猫を自宅で長期間保護できないという理由で
動物愛護センターへ連れて行くことにし
数日間の里親募集の後、殺処分をする説明を受け
誓約書にサインをして帰宅したそうです。

その話を聞いた私は
知人の行動に矛盾を感じ、議論しました。

既にセンターへ行ってから5日以上経っており
子猫は処分されてしまったものだという前提で話を聞いていましたが
よく調べてみるとまだ子猫はセンターで生きていました。

そこで、私はセンターへ問い合わせ
里親を必ず見つけるという条件で保護ができるのか確認。
いろいろありましたが、
ようやく子猫はセンターから出て里親を見つけることができることになりました。

人間の都合により、生きることができる命が殺されるところでした。

私の住まいから、猫が保護されているセンターへは
500km以上離れており
センターから指定された日に引き取りに行くなどの融通がきかないため、
センターに近いところに住む友人に協力してもらい
里親が見つかるまで保護してもらうことになりました。
現在、里親を探しております。


私が思ったことは・・・
猫を拾った知人については
猫を保護した時点でまずは生きるための選択をして欲しいと思いました。

怪我を負った猫でも生きることはできます。
センターへ連れて行き処分するということを考える前に
幸せにしてくれる飼い主を探すということを考えてほしかった・・・

そして
子猫を助けるために1人できることは限られているかもしれないけれど
世の中には自分の時間を削ってまでも助けたいという気持ちを優先して動いている方たちが
たくさんいるということを知ることで
助けられる命もあるのではないかと
今回の出来事で感じました。

偽善だとか
正論だが実行できることではないとか
たくさんの意見を言われましたが
子猫の命が人間の都合で無きものになるのはどうしてもいい結果だとは思えません。

偽善でもいいんです・・・
偽善だからと何もしない人ばかりでは
今回も猫の命が助からなかったのですから・・・


2008-06-30(Mon) 12:50| 捨て猫保護| トラックバック 0| コメント 0

まずは自己紹介

どうも
はじめまして☆
うどんべえといいます!

いまどき・・・
ブログ初心者でうまく続けられるかちょっと不安です

ブログを始めようと思ったのには
実は目的があるのですが
多くの方に見てもらえるよう
まずは場に慣れることから始めます

私の家族は夫と娘(7ヶ月)
あと、犬と猫がいます。

犬の名はアッシュ。
ミニチュアダックス(8歳・♂)
ash

私が独身の時に生後5ヶ月でうちに来てから
まったく病気知らずで
私の言葉を理解してくれるよき相棒です。


そして猫の名はユキ。
ミックス(3歳・♀)
yuki

捨て猫だったユキちゃんは
あと2日後に保健所へ行くところでしたが
知人からの連絡により
私と一緒に暮らすことになりました。
人見知りが激しくシャイなヤツです。


小さい頃から実家でも犬と暮らしていたので
今新しい家族と暮らすようになってからも
この2匹の相棒と一緒にいられることが嬉しいです


動物が好きな方、
これからもぜひ立ち寄ってくださいね


2008-06-29(Sun) 21:53| 自己紹介| トラックバック 0| コメント 2

ご協力お願いします!

環境庁ポスター

里親募集中!

関連リンク

訪問者数

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

検索フォーム

広告