FC2ブログ

プロフィール

うどんべえ

Author:うどんべえ
性別:♀
血液型:A型
既婚、子育て中です
活動概要をご覧下さい

お知らせ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンクバナー

当HPはリンクフリーです。
ぜひご紹介ください。
リンクしていただきましたらご連絡ください。
事後報告で結構です。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2広告

FC2ブログランキング

捨て犬・捨て猫処分減らせ 保健所イメチェン 国が支援、ペットとの出合いの場に

2月5日 産経新聞より

=====================================================

動物愛護センターや保健所を、捨て犬や捨て猫と飼い主の“出合いの場”に-。

環境省は平成21年度から、動物収容施設の新改築の支援に乗り出す。
動物とのふれあいスペースなどを整備することで、
ペットを探す訪問者が増加し、殺処分される犬猫を減らすのがねらい。
支援対策費として、新年度予算案に1億円を計上した。

対象は、都道府県や政令市、中核市が所管する動物愛護センターや保健所約400カ所。
これらの施設には、飼い主が転居などの理由で引き取りを依頼した犬猫や、
狂犬病予防法に基づいて保健所が抑留した犬などが収容されている。

10年ほど前からは、ペットブームなどの影響で、流行感覚で犬の買い替えをする人が増加。
都心部を中心に、チワワやコーギーなど小型犬の純血種が引き取られるケースも多いという。
収容期間は施設によって異なるが、
一定期間を過ぎても新しい飼い主が見つからない場合は、殺処分される。

動物保護団体「地球生物会議」(東京都文京区)によると、
収容施設は、狂犬病予防法が制定された昭和25年、
旧動物保護管理法が制定された48年前後に集中的に建設され、
老朽化したものが多い。
当初は殺処分までの一時的な収容場所という意味合いが強かったため、
冷暖房や病気の犬の隔離スペースがないなど、
衛生環境の不備が指摘される施設も多いという。

同省の統計では、
平成18年度に全国の施設で収容されたのは
犬が約14万2000匹、
猫が約23万2000匹の
計約37万4000匹。
このうち、約34万1000匹が殺処分となった。

不妊・去勢手術の普及などにより殺処分率は
16年度が94・4%、
17年度が93・1%、
18年度が91・2%と
微減傾向にあるものの、依然としてほとんどが処分されているのが現状だ。

こうした状況を受けて、
同省は18年度に「20~29年度の10年間で犬猫の引き取り数と殺処分数を半減させる」
という動物愛護基本指針を打ち出した。

支援策では、自治体に対象施設の新築や改築、改修にかかる費用を補助。
飼育を検討している訪問者が犬猫との相性を判断するためのふれあいスペースや
飼育方法などを教える講習会場の整備を促し、
「ペットとの出合いの場」としてPRしていく考えだ。

また、収容スペースの拡張や冷暖房施設や電気・給排水設備の整備など、
衛生環境の改善も目指す。

同省動物愛護管理室は「多くの人に収容施設へ来てもらいたい」。
また、同会議の野上ふさ子代表も「全国の施設の環境改善につながれば」と期待を寄せている。

=====================================================

ペットを飼いたいと思ったら・・・

『ペットショップへ行こう!』と思う方が多いと思いますが
上記対策によって
『愛護センター(保健所)へ行こう!』と考える人が増えることを願っています。

ペットショップというのは
利益を第一に考え、流行の犬種を繁殖させ
あげくには、知識のないブリーダーによる乱繁殖によって
障害を抱えて生まれてくる動物たちがたくさんいます。

ペットショップ、またはブリーダーが利益を出せば出すほど
この悪循環が続きます。

ペットの有償譲渡には「動物取扱業者の登録」が必要です。
悪徳なペットショップ、ブリーダーになると、その登録すらしていないところもあるようです。

また、個人での繁殖も注意が必要です。
本来、繁殖において遺伝因子を調べて行うべきこと。
しかし、知識のない者が『かわいいこの子の子供を残したい』という気持ちだけで
繁殖をさせるという時点で大変危険性が高いのです。

極論を言えば、ペットショップ廃止。
ブリーダーは繁殖における知識をチェックする試験をパスした限られた者にだけ与えられ
試験は定期的に行う。
飼い主にはペットを飼う資格があるのか判断し認定証を提示しなければペットが飼えないなど

もっと、ペットを飼うということについて深く考えてもらえるようになると
現状が改善されていくのではないかと思います。

まだまだ根深く問題はありますが・・・

ぜひ、これから動物を飼いたいという方は
動物愛護センター(保健所)で救いの手を待っている子たちの元へぜひ行ってみては。


スポンサーサイト

2009-02-28(Sat) 22:56| ニュース記事より| トラックバック 0| コメント 0

【物資募集中止】千葉県 野良猫50匹の物資支援のご協力お願いします!

===========================================
+お知らせ+
2009年4月1日に改めて募集を再開しました。
詳細はこちら
ご協力ありがとうございます。
引き続き、当HPではその他の支援のための物資を
常時集めておりますので、ご協力をお願いいたします。
===========================================


以前、募集しました
千葉県【物資募集】野良猫50匹の物資支援のご協力お願いします!
について

現在、保護活動されているKさんとの連絡が取れなくなりました。
熱心に活動されている方なので、保護活動は引き続きされているとは思いますが
私との連絡手段を経たれてしまいました。
物資の送付先は教えていただいていますが、
メールなどで現状の確認ができませんので、一旦中止とさせていただきます。

今までにメッセージで協力をしていただけると
ご連絡をいただいた方もいらっしゃいますので無念です。

再度Kさんとご連絡が取れ次第、現状を報告させていただきます。

昨年12月にKさんより協力のお礼が届きましたので
簡単に12月時点での報告をさせていただきます。
(簡単に抜粋します)

====================================================

2007年11月~2008年12月までに64匹の野良猫の避妊・去勢手術が完了。
現在も捨て猫が後を絶たない状況。
保護猫は常に10匹程度いる状況で、里親募集もしている。

ご協力心から感謝します。

====================================================

以上です。

この件に関しては、一旦物資募集は終了しますが
当ブログにて支援物資は常時受け付けております。
ブログには掲載していない保護活動を行っている方々へ必ずお届けしますので
引き続きよろしくお願いします。


2009-02-13(Fri) 19:41| 活動報告| トラックバック 0| コメント 0

遅ればせながら・・・

早いもので2009年も2月になりました。

本年も当ブログをよろしくお願いいたします。

私事ですが、
昨年12月に最愛の父が他界し、更新がおろそかになってしまいました。

父の死の直前に
実家の愛犬こたろうも他界し
今年の始まりはめでたい気分にはとてもなれずに過ごしていました。

人間も動物にも死というのは遅かれ早かれ関わるものです。
そして、それにより悲しむ人間というのはたくさんいるのです。
生きられる命があるのならば、
生きたいという命があるのならば、
それを助けていけたらと改めて決意を固くした年末でした。

必死な生き様はその命が無くなった後にも必ず心に残るものです。


2009-02-01(Sun) 20:29| 未分類| トラックバック 0| コメント 0

ご協力お願いします!

環境庁ポスター

里親募集中!

関連リンク

訪問者数

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

検索フォーム

広告