FC2ブログ

プロフィール

うどんべえ

Author:うどんべえ
性別:♀
血液型:A型
既婚、子育て中です
活動概要をご覧下さい

お知らせ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンクバナー

当HPはリンクフリーです。
ぜひご紹介ください。
リンクしていただきましたらご連絡ください。
事後報告で結構です。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2広告

FC2ブログランキング

犬殺処分ゼロ 熊本市の挑戦 持ち込みの飼い主説得 HP開設し迷い犬紹介 生存率82% 地道な努力成果

ニュース引用元不明・・・
(失念しました・・;)
====================================================

自治体が捕獲したり、飼い主から引き取ったりした犬の8割に当たる約11万匹が
毎年、全国で殺処分されている。
そんな中、熊本市は犬を飼い主に戻すことや新たな飼育者探しを続け、
処分率を全国トップクラスの2割以下に減らしている。
「殺処分をなくそう」を合言葉にする同市の取り組みが注目されている。

悲しげな目をした犬が「ガス室」に送られ、殺される場面がビデオで流れる。
熊本市動物愛護センターで週1回ある譲渡前講習会。
保護された犬を譲り受ける飼い主は、必ず受講しないといけない。
2年半前から始まった。ある日の受講者は女性2人。
ビデオ放映後、獣医師の斉藤由香さん(27)がペットの面倒を一生みる「終生飼養」の大切さを講義する。

「犬を飼うのは簡単ではありません。本当に飼えるのか、考えて決めてください」。
参加した主婦(47)は「子どもを育てるのと一緒なんですね」とうなずく。

かつて熊本市は一週間程度保護して処分していた。
この“流れ作業”に変化が起きたのは2002年。終生飼養をうたう動物愛護法の理念を生かし、
動物愛護推進協議会を発足させ、生存率を上げる取り組みを始めた。
迷い犬を飼い主に戻そうと、保護した犬を紹介するホームページもこの年、開設した。

センターの職員は憎まれ役も辞さない。
娘と一緒に認知症の犬を連れてきた母親に
「家族同然の犬を捨てていいんですか。娘さんはお母さんの背中を見て泣いていますよ」
と翻意を促す。
転勤などで犬が飼えなくなる場合、新たな飼い主を探すよう求める。
それでも、引き取りを求める人には「犬を飼う資格はない」と非難することも。

地道な努力が実を結び、
熊本市の07年度の犬の引き取り数は1998年度の1割の52匹に減った。
飼い主に返還する犬も増え、98年度に12.4%だった生存率が07年度は82.1%に上昇した。

現在は保護する犬が50匹を超えた場合に処分する。
年々、引き取り数が減っているため、保護期間が長くなり、餌代が増えた。
増加分は市民やボランティアの寄付で賄っている。

この試みが注目を集めている。
獣医師の斉藤さんは山口県下関市からの派遣職員。
熊本市の取り組みを知った下関市長が昨年4月から1年間、研修に送り出した。
斉藤さんは「市民を説得する職員に感銘を受けた。
このノウハウを下関でも生かしたい」と語る。

熊本市は4月からセンターの職員が小学校で動物の命の大切さを教える出前授業も始める。
命を軽んじる事件が後を絶たない今だからこそ「殺処分ゼロ」を目指す熊本市の挑戦が、
ほかの自治体にも広がってほしい。

====================================================

熊本県動物愛護管理ホームページ
http://www.kumamoto-doubutuaigo.jp/

もちろん他の自治体でも同じように活動されているところもあると思います。
結果的に数字として変化が少ないというところが多いのでしょう。

人間の情に訴えるというのは
人間独特の感情を刺激するということで
人間だからこそという手法でしょう。

人間の手によって持ち込まれて処分される命が少なくなるよう・・・
センター以外でも地道な活動が実を結ぶよう日々頑張ります。
スポンサーサイト



2009-05-15(Fri) 09:10| ニュース記事より| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://udonbe.blog25.fc2.com/tb.php/33-28651cf6

ご協力お願いします!

環境庁ポスター

里親募集中!

関連リンク

訪問者数

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

検索フォーム

広告